引っ越し前の必須やることリスト!

シェアする

 スポンサーリンク

入学や卒業、転勤などで

引っ越しされる方が多い季節になりました。

引っ越しは荷造り以外にも

やらなければならないことが

たくさんあります。

今回は引っ越しの流れと

引っ越しでやらなければいけないことを

まとめていきます。

引っ越しの流れ

まずは引っ越しの流れをまとめていきます。

引っ越しをしなければならなくなったら新しい住居を探します。

新しい住居を契約後、現在の住居の解約をします。

基本的には引っ越す日の一か月前までには管理会社に連絡をします。

都合によっては急遽引っ越しが必要な場合があるかと思います。

その場合は日程がわかり次第連絡をしましょう。

新居が決まったら引っ越し業者を探しましょう。

特に3月いっぱいは予約が非常に取りづらくなりますので、できるだけ早めに決めましょう。

時間に余裕があれば引っ越し業者の見積もりを取って料金やサービスの比較をしましょう。

業者によって価格やサービスに若干の違いがあるからです。

引っ越し業者が決まったら荷造りと諸手続きをします。

電話回線・インターネット回線の契約確認、郵便物の転送届、転出届などがあります。

転出届は転出予定の14日前から手続き可能です。

3月中旬~4月上旬はかなり混み合います。時間に余裕をもって役所に行きましょう。

遠方に引っ越す場合は戸籍や所得証明に関する書類の取り寄せに時間と手間がかかるようになります。

転籍の手続きをするか、引っ越し後に必要になる書類はないかなども確認しておきましょう。

電気・ガス・水道の解約が必要な場合もあります。あらかじめ管理会社に確認しておきましょう。

小学生以上の子供がいる場合は転校の手続きが必要ですので学校に連絡が必要です。

こちらも引っ越し日がわかり次第連絡をします。

転入先の学校にも連絡が必要です。役所に問い合わせるかインターネットで調べるなどして転入の旨を連絡します。

学校でもらう書類は転入まで必要になりますのでなくさないようにしましょう。

引っ越し当日は忙しくなりますので、諸手続きと荷造りは前日までに終えておくのが理想的です。

できればある程度室内の掃除もしておきましょう。

引っ越し作業が終了後にも掃除できるように、掃除機は最後に運ぶとよいですよ。

ペットがいる方は引っ越し作業が終わるまでは一時的に預かってもらうなどの手配も必要です。

あらかじめ探しておきましょう。

意外と見落としがちなのが洗濯物やクリーニングです。

洗濯物は前日までに片付けておき、前日に出たものは後日洗濯ができるようにまとめておきます。

クリーニングに出しているものは引っ越しまでに引き取りを忘れないようにしましょう。

最も重要な食事についてですが、前日までに冷蔵庫の電源を落とす必要があるので、冷凍保存してあるものや生鮮食材はなるべく早めに使い切りましょう。

保存できないものの買い足しは2、3日前から控えましょう。消費できる分だけ買い足します。

遠方に引っ越す場合、開封済みの調味料は劣化するおそれがあるので使い切れないときは処分しましょう。

引っ越し当日、管理会社に部屋を引き渡す際に契約書類の確認や鍵の返却をします。

あらかじめ引っ越しの荷物とは別に分け、さっと出せるようにしておきましょう。

必須やることリスト

上記をまとめたものが以下の表です。

参考にしてみてください。

(日にちは目安です)

引っ越し6週間前 新居を決める
引っ越し業者の見積もりを決める
引っ越し業者の選定
管理会社へ連絡
引っ越し4週間前 荷造り開始
不用品の処分
電気・ガス・水道・電話回線・インターネット契約の確認(必要なら解約も)
引っ越し3週間前 転校の手続き
契約時の書類・鍵を整理しておく
引っ越し1〜2週間前 役所での諸手続き
郵便物転送の手続き
調味料・食材の整理
引っ越し1〜5日前 冷蔵庫の中をからにし霜取りする
荷造りの完了(前日までが望ましい)
室内の清掃

まとめ

いかがでしたか?

引っ越しは時間も手間もかかる大変な作業です。

やらなければならないことがたくさんありますので、いざ引っ越してから忘れ物をした・手続きに不備やもれがあったなどがないように確認しながら作業を進めていきましょう。

新生活が気持ちよく迎えられるとよいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする