聞いて納得!印鑑とシャチハタの違いとは

シェアする

 スポンサーリンク

職場や役所などで「ここにハンコをお願いします」と言われること、とても多いですよね。

朱肉が必要な印鑑とスタンプのように押せるシャチハタ、

どちらも持っているという人がほとんどだと思いますが、

2つにはどのような違いがあるかご存知ですか?

そこで今回は、印鑑とシャチハタの違いや、

便利なツインタイプの印鑑をご紹介します。

印鑑とシャチハタの違いとは?

 

印鑑が必要な場面でシャチハタは不可というケースは多々あります。

シャチハタはゴムに文字が彫られており、朱肉を使わない代わりに内部にインクが入っているので、すぐに押すことができとても便利です。

一方の印鑑は朱肉を使って押すので、上手に押せずに苦手だという人もいるかもしれませんが、一般的に役所や銀行の届出印にはシャチハタではなく印鑑を使います。

どちらも同じハンコなのに、役所や銀行ではなぜシャチハタが使えないのかと思ったことはありませんか?

シャチハタはゴムに刻印しているため、力加減によって同じ印影にならなかったり、ゴムが経年劣化しても同じ印影にならなかったりする可能性があります。

そのため銀行や役所以外にも、保険や警察への届出書類などには利用することができません。

一方の印鑑は、象牙などの硬い素材に刻印しているので、印影が毎回同じになるので、公の書類に使用するのです。

1本で二役!印鑑とシャチハタのツイン!オーダー可能なおすすめショップ

印鑑を持ち歩くことが多い人なら「シャチハタと認印がひとつだったらいいのに」と考える人もいると思います。

そんな欲張りな人におすすめなのが、1つで印鑑とシャチハタの使い分けができるツインタイプです。

仕事や宅急便の受け取りにはシャチハタ、役所や銀行なのでは朱肉を押す認印と、用途に合わせて使い分ける便利なハンコです。

オーダー作成のため少し時間がかかりますが、ギフトに贈っても喜ばれること間違いなしです。

おすすめオーダーショップ①はんこショップおとべ

[引用元]https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/hanko-otobe_wa-twin-gk

ネーム印と公用印使用の黒檀認印がこれ一本でOK、ちょっとした荷物の受け取りから役所や銀行の届出印にも使えます。

本体カラーも3色から選べるので、見た目にこだわる人にもおすすめです。

別注品のため到着までに約10日前後かかります。

おすすめオーダーショップ②はんこショップあなたブランド

[引用元]https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mita-club/cabinet/00155217/twin-sou-mitome.jpg

1本で2種類の印面が使分けできる「ネームエルツイン」仕事にもプライベートにも活躍するので、ひとつあると重宝します。

別注ですが、注文後3日程度で届くので、急いで欲しい人にもおすすめです。

まとめ

社会人になったばかりの人や、引越や結婚など生活しているうえで必ず必要になるハンコ、普段なかなか意識することのないアイテムですが、ひとつしっかりしたものを持っていると様々な場面で重宝します。

最近では、便利なツインタイプのほか可愛いデザインのものもたくさんあるので、好みに合わせて揃えておくのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする