【裏ワザ】ポキっと折ると光る棒♪サイリウムを長持ちさせる方法!

シェアする

 スポンサーリンク

ライブ会場やお祭りで売っている「ポキっと折ると光る棒」

たくさんの世代に愛されているおもちゃサイリウムですが、徐々に暗くなって翌日になるとすっかり光が消えてしまいますよね。

そんなサイリウムの発光を長持ちさせて、翌日も遊べる裏技を紹介します!

ポキっと折ったサイリウムを長持ちさせる方法

それはただ、「冷凍庫にしまっておくだけ!」

以上です。簡単すぎて拍子抜けですね。

本当に〜?と思われるかもしれませんが、冷凍庫にしまうと発光がストップし、取り出してしばらく置いて常温に戻ってくるとまた光だすんです!

なぜ長持ち?サイリウムが光る仕組み

そもそもなぜポキっとしただけで光だすのでしょうか?

それは化学反応による発光なのです。

実は棒の中に密閉容器が入っており、シュウ酸ジフェニルと過酸化水素水とを隔てています。

この密閉容器をポキっと折ることで、上記の物質が混ざり合うと化学反応を起こし発光していたわけですね。

この状態で冷凍庫にしまうと、低温により化学反応がストップします。この時発光は一旦止まります。

そして冷凍庫から取り出して常温に戻ると、また化学反応が進行して光りだすんです。

ちなみに、発光が終わった後に冷凍庫に入れても復活することはありませんのでご注意ください。

まとめ

折ると光る棒「サイリウム」の発光を長持ちさせる方法について紹介しました。

夜のうちにポキっと折ってしまって、寝てる間に消えてしまったら悲しい・・・でも、この方法なら取って置いてまた使えるので嬉しいですね♪

サイリウムを買ったらぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする